超強化型老健について

超強化型老健について

博愛苑は、介護老人保健施設の役割である在宅復帰の支援に積極的に取り組み、平成30年4月より「超強化型老健」の基準を算定することができました。専門職を中心とした職員体制の充実と他職種連携に力を入れ、在宅復帰支援・日常生活ケアの充実に努めています。また、退所後も「在宅生活の継続」と「介護負担軽減」を目的に短期入所(ショートステイ)・通所部門(通所リハビリテーション・通所介護)訪問部門(訪問リハビリテーション)を通して支援してまいります。

在宅強化型老健とは

※画像をクリックするとPDF形式でご覧いただけます。

介護老人保健施設には、「その他型」、「基本型」、「加算型」、「強化型」、「超強化型」の5種類に区分されています。加算型や強化型、超強化型は、厚生労働省が定める要件を満たした、在宅復帰・在宅支援機能が高いと認められた介護老人保健施設のことです。(算定要件を満たす老健は一部の施設に限られます)

超強化型老健に求められる要件

以下の10項目の実績に応じたポイント合計で70ポイント以上満たすことが要件です。

  1. 在宅復帰
  2. ベッド回転率
  3. 入所前後訪問指導割合
  4. 退所前後訪問指導割合
  5. 居宅サービスの実施数
  6. リハ専門職の配置割合
  7. 支援相談員の配置割合
  8. 要介護4又は5の割合
  9. 喀痰吸引の実施割合
  10. 経管栄養の実施割合

PAGE TOP